アーカイブズ

館だよりアーカイブズ

T-TIME(館だより)はトヨタ博物館が発行しているオフィシャルマガジンです。
2014年10月発行のNo.93より“T-TIME”と改称しました。
企画展やイベントの特集記事をはじめ、自動車にまつわる様々な記事をお楽しみください。
★次号は2020年秋頃発行予定です。

館だより最新号

No.102|2019.04

『愛されるクルマとは?博物館が見据える未来』

巻頭記事「1989」では、2018年秋のクラシックカー・フェスティバルを舞台に、1989年の当館開館からの30年を振り返ると共に未来に想いを馳せます。「収蔵車紹介」では1989年発表のユーノス ロードスターを、「クルマ文化散策」ではさらに30年前の1959年に流行のピークに達したテールフィンを取り上げました。2019年4月にオープンしたクルマ文化資料室のメイキング記事もお見逃しなく!

[表紙 / かつて男子小学生の間で大流行した“スーパーカー消しゴム”]

最新号を見る(PDF)

バックナンバー

「No.101」を見る
「No.100」を見る
「No.99」を見る
「No.98」を見る
「No.97」を見る
「No.96」を見る
「No.95」を見る
「No.94」を見る
「No.93」を見る
「No.92」を見る
「No.91」を見る
「No.90」を見る
「No.89」を見る
「No.88」を見る
「No.87」を見る
「No.86」を見る
「No.85」を見る
「No.84」を見る
「No.83」を見る
「No.82」を見る
「No.81」を見る
「No.80」を見る
「No.79」を見る
「No.78」を見る
「No.77」を見る
「No.76」を見る
「No.75」を見る
「No.74」を見る
「No.73」を見る
「No.72」を見る
「No.71」を見る
「No.70」を見る
「No.69」を見る
「No.68」を見る
「No.67」を見る
「No.66」を見る
「No.65」を見る
「No.64」を見る
「No.63」を見る
「No.62」を見る
「No.61」を見る
「No.60」を見る
「No.59」を見る
「No.58」を見る
「No.57」を見る
「No.56」を見る
「No.55」を見る
「No.54」を見る
「No.53」を見る
「No.52」を見る
「No.51」を見る
「No.50」を見る
「No.49」を見る
「No.48」を見る
「No.47」を見る
「No.46」を見る

No.101|2018.12

クルマの可能性を考える。

企画展「ト博 夏フェス2018!」や クルマ文化資料館(仮称)の新設情報などの特集記事の他、毎号好評の「収蔵車紹介」ではシボレー・コルベットとMG-TCを、巻末ではフォルクスワーゲン・タイプ1(通称ビートル)の原形となったKdFワーゲンの展示情報を掲載しました。

表紙 / 1950年代の日本製ティントイ。主に輸出向けで、当時貴重な外貨をもたらした。

No.101(PDF)

No.100|2018.04

クルマから始まる物語。

企画展「元気!!ニッポン1960s!」や「MOTOR PANIC-まつやまたかしイラスト展」などの特集記事の他、毎号好評の「収蔵車紹介」では3点式シートベルトを世界で初めて標準装備したVOLVO PV544を、第3回となる「パーツで見るクルマの進化」ではステアリングを取り上げました。

表紙 / MOTOR PANIC まつやまたかしイラスト展

No.100(PDF)

No.99|2017.12

社会を考える種として、「はたらく自動車」はある。

常設展リニューアル「日・米・欧の自動車の歴史を一望に」最終報告、夏の企画「ト博 夏フェス! 2017」、収蔵車紹介「マツダ コスモスポーツ」などをご紹介します。

表紙 / タイの小型タクシー「トゥクトゥク」

No.99(PDF)

No.98|2017.04

2000GTが愛された時代。

常設展リニューアル「日・米・欧の自動車の歴史を一望に」3回目、収蔵車紹介(Toyota 2000GT特集)、「自動車文化を語るトークショー」などをご紹介します。

表紙 / Toyota 2000GT

No.98(PDF)

No.97|2016.10

社会がクルマを要請し、クルマが文化を築いていく。

常設展リニューアル「日・米・欧の自動車の歴史を一望に」2回目、収蔵車紹介(SAAB 92)、TAM Meet 2016、パーツで見るクルマの進化第2回などをご紹介します。

表紙 / TAM Meet 2016(CG CLUB中部支部主催)の風景

No.97(PDF)

No.96|2016.04

クルマを通して、世界を見るために。

常設展リニューアル「日・米・欧の自動車の歴史を一望に」1回目、東京CCF、収蔵車紹介(イスパノ・スイザ アルフォンソⅩⅢ)、新連載の「パーツで見るクルマの進化」などをご紹介します。

表紙 / キャストによるガイドツアー風景

No.96(PDF)

No.95|2015.10

世代を繋ぐ、クラウンの輝き。

記念展示「クラウン60周年記念展~継承と革新~」、長久手CCF、収蔵車紹介(スバル レオーネ エステートバン 4WD)、連載の「クルマ文化散策」などをご紹介します。

表紙 / クラウンに輝く歴代エンブレムを並べたものです。

No.95(PDF)

No.94|2015.04

人生は、クラシックカーと共に。

東京CCF、企画展「『語る』展」、収蔵車紹介(4代目クラウン)、企画展関連イベント「くるまdeナイト」、新連載の「クルマ文化散策」などをご紹介します。

表紙 / 2014 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑(東京CCF)での1シーン

No.94(PDF)

No.93|2014.10

「裏」展が紡ぐ、新しいモノ語り。

長く親しんで頂いた「館だより」が、「T-TIME」(ティータイム)として生まれ変わりました。
表紙のT は当館メイン看板のシルエットであると共に、呼び名のごとくティータイムなどに、くつろいで楽しんで頂ければとの思いからです。そして25周年を機に「モノ語る博物館へ」をめざす中、皆様へ語りかける「Talk-time」の意味も込めました。
理屈ぬきに見て感じていただくクラシックカーの魅力、その背景にある人の情熱、クルマにまつわり香る文化…どれだけどうやってお伝えできるか。私たちの新たなチャレンジです。

No.93(PDF)

No.92|2014.03

トヨタ博物館25周年

まつやまたかしさんによる特製イラスト
今号は表紙はもちろん内容についても、開館25周年記念号として特別編成となっています。いつもと一味違う館だよりをお楽しみください。

No.92(PDF)

No.91|2013.10

表紙 / フィアット500トッポリーノ(1936/イタリア) <当館所蔵>

No.91(PDF)

No.90|2013.06

表紙 / MG・ミジェット タイプTA(1937/イギリス) <当館所蔵>

No.90(PDF)

No.89|2013.03

表紙 / 特別企画展「TOYOTA 75」展示車両一覧

No.89(PDF)

No.88|2012.10

表紙 / トヨダAA型乗用車(1936/日本) <当館所蔵>

No.88(PDF)

No.87|2012.07

表紙 / トヨペット カスタム スポーツ (1960/日本) <当館所蔵>

No.87(PDF)

No.86|2012.03

表紙 / トヨタ 2000GT スピードトライアル(1966/日本)〈当館所蔵〉

No.86(PDF)

No.85|2011.10

表紙 / トヨタ クラウン パトロールカー(2005/日本)〈当館所蔵〉

No.85(PDF)

No.84|2011.06

表紙 / スチュードベーカー アバンティ(1963/アメリカ)〈当館所蔵〉

No.84(PDF)

No.83|2011.03

表紙 / タッカー'48(1948/アメリカ)〈当館所蔵〉

No.83(PDF)

No.82|2010.10

表紙 / スタンレー スチーマー モデル E2(1909/アメリカ)〈当館所蔵〉

No.82(PDF)

No.81|2010.06

表紙 / ダットサン フェートン11型(1932/日本)〈当館所蔵〉

No.81(PDF)

No.80|2010.03

表紙 / シトロエン2CV (1953/フランス)〈当館所蔵〉

No.80(PDF)

No.79|2009.09

表紙 / 消防自動車 (1959/日本)〈当館所蔵〉

No.79(PDF)

No.78|2009.06

表紙 / トヨタ ソアラ 2800GT (1981/日本)〈当館所蔵〉
「SUPER GRAN TURISMO 未体験ゾーンへ」のキャッチコピーで、今までの技術を超えた最高級スペシャリティカーとして第2回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

No.78(PDF)

No.77|2008.12

表紙 / いすゞ ベレット 1600GT PR90型(1966/日本)〈当館所蔵〉
ファミリーセダンのべレットから派生した、高性能エンジン搭載の2ドアクーペで、日本で初めてGTを名乗り、「ベレG」の愛称で親しまれた。

No.77(PDF)

No.76|2008.09

表紙 / ビュイック(木炭乗用車)(1937/アメリカ)

No.76(PDF)

No.75|2008.06

表紙 / ダイハツ コンパーノ スパイダー F40K型(1965/日本)〈当館所蔵〉

No.75(PDF)

No.74|2008.03

表紙 / トヨペット クラウン RS41型(1963/日本)〈当館所蔵〉

No.74(PDF)

No.73|2007.12

表紙 / ベイカー エレクトリック(1902/アメリカ)〈当館所蔵〉

No.73(PDF)

No.72|2007.09

表紙 / ロールスロイス 40/50HPシルバーゴースト(1910/イギリス)〈当館所蔵〉

No.72(PDF)

No.71|2007.06

表紙 / ニッサン プリンス スカイライン 2000GT-B(S54型)(1967/日本) 〈当館所蔵〉

No.71(PDF)

No.70|2007.03

表紙 / フォード モデルT(1909年/アメリカ)〈当館所蔵〉

No.70(PDF)

No.69|2006.12

表紙 / トヨタ カローラ KE10型(宮野 正国さん)

No.69(PDF)

No.68|2006.09

表紙 / ベンツ・パテントモトールヴァーゲン(菅原 重昭さん)

No.68(PDF)

No.67|2006.06

表紙 / シトロエンDS19(茶座聖始さん)

No.67(PDF)

No.66|2006.03

表紙 / オースチン セブン〔チャミー〕(松田 義裕さん)

No.66(PDF)

No.65|2005.12

表紙 / ブガッティ57C(アレックス・バーシュさん)

No.65(PDF)

No.64|2005.09

表紙 / トヨタクラウン アスリート、トヨペット クラウン RS型(市川 巧さん)

No.64(PDF)

No.63|2005.06

表紙 / ランチア アストゥーラ ティーポ233C(福田 慎也さん)

No.63(PDF)

No.62|2004.12

表紙 / マツダ・キャロル(渡辺 博さん)

No.62(PDF)

No.61|2004.09

表紙 / SS ジャガー100(大島 誠さん)

No.61(PDF)

No.60|2004.06

表紙 / 日野コンテッサ PC10型(井上 高幸さん)

No.60(PDF)

No.59|2004.03

表紙 / スバル360(稲垣 利治さん)

No.59(PDF)

No.58|2003.12

表紙 / 速さと力にロマンを競った車(太田 隆司さん)

No.58(PDF)

No.57|2003.09

表紙 / ベントレー4 1/2リットル(佐藤 照雄さん)

No.57(PDF)

No.56|2003.06

表紙 / トヨタ セリカ TA22型(山本 誠二さん)

No.56(PDF)

No.55|2003.03

表紙 / スタンレーロケット(速度記録車・1906)、スタンレー スチーマー モデルE2(松本 秀実さん)

No.55(PDF)

No.54|2002.12

表紙 / シトロエン5CV(岡村 勝弘さん)

No.54(PDF)

No.53|2002.09

表紙 / ブガッティ・タイプ35B(中島 克美さん)

No.53(PDF)

No.52|2002.06

表紙 / ニッサン シルビア(西濱 豊和さん)

No.52(PDF)

No.51|2002.03

表紙 / メルセデスベンツ 300SL(多田 浩之さん)

No.51(PDF)

No.50|2001.12

表紙 / オートモ号(藤原 正則さん)

No.50(PDF)

No.49|2001.09

表紙 / フォード マスタング(佐原 輝夫さん)

No.49(PDF)

No.48|2001.06

表紙 / アルファロメオ 6C1750グランスポルト(宮田 真さん)

No.48(PDF)

No.47|2001.03

表紙 / ホンダ S500(三輪 日出雄さん)

No.47(PDF)

No.46|2000.12

表紙 / シトロエン 15Six H(穂積 信行さん)

No.46(PDF)