企画展 100年前のイノベーション企画展 100年前のイノベーション

201910/10(木)20204/12(日)

トヨタ博物館文化館2階 企画展示室

「T型フォード」。アメリカが産んだその存在を抜きにして自動車史は語れません。1908年のデビューから1927年までの間に、大量生産システムによるコストダウンや運転の簡素化など数々の技術革新を成しとげ、1500万台以上生産されて自動車の大衆化に大きく貢献しました。
この空前のベストセラーカーが社会にもたらしたものは、単なる工業製品としてのクルマにとどまらず、人の移動や物流システムを劇的に変化させ、都市計画やライフスタイル、人々の意識までも変容させる「イノベーション」そのものでした。
自動車産業が100年に1度の大変革期といわれる今、本展では約100年前のT型フォードのイノベーションの源を検証し、今後のモビリティの行方を考える一助としたいと思います。通常の展示とは趣の異なる「分解展示」も実施します。

フォード モデルT ツーリング(1914)フォード モデルT ツーリング(1914)
オールズモビル カーブドダッシュ(1902)オールズモビル カーブドダッシュ(1902)
フォード モデルT デポヘック(1914)フォード モデルT デポヘック(1914)
シボレー スペリア シリーズK(1925)シボレー スペリア シリーズK(1925)
フォード モデルT クーペ(1927)フォード モデルT クーペ(1927)
フォード モデルT(1927)フォード モデルT(1927)
フォード モデルT ツーリング(1913 英国製)フォード モデルT ツーリング(1913 英国製)
企画展 100年前のイノベーション企画展 100年前のイノベーション

企画展関連イベント

2/24

【中止】同乗体験!クラシックカー

※車内での新型肺炎感染防止の観点から中止いたします。悪しからずご了承ください。

T型フォード センタードア(1915年)/トヨペットクラウン RSD型(1955年)

日時 2月24日(月・振休)①10時30分~12時/②14時~15時30分
場所 P1駐車場
定員 各回30名(当日申込)
※お申し込みは、当日クルマ館1F受付へ。先着順。
参加費 500円(税込)
写真写真

INFORMATION